年金はどうなるのか?

日本には、公的年金制度が確立されています。この制度自体は、1961年に施行されたみたいです。施行から、60年弱経ちました。20歳から徴収されて、60歳までで40年。80歳くらいの人が、最大で支払ってもらってるって感じでしょうか。まあ、昔は55歳からもらえていたみたいですが。年収の推移と年金支払額の推移が下表のとおりです。

サラリーマン年収
2012 (平24)4,733,600円
2011 (平23)4,722,500円
2010 (平22)4,678,000円
2009 (平21)4,725,500円
2008 (平20)4,873,600円
2007 (平19)4,905,800円
2006 (平18)4,909,600円
2005 (平17)4,881,800円
2004 (平16)4,881,800円
2003 (平15)4,911,200円
2002 (平14)4,978,200円
2001 (平13)5,057,100円
2000 (平12)5,003,700円
1999 (平11)4,995,300円
1998 (平10)5,022,700円
1997 (平9)5,051,800円
1996 (平8)4,976,700円
1995 (平7)4,901,300円
1994 (平6)4,865,600円
1993 (平5)4,773,500円
1992 (平4)4,717,000円
1991 (平3)4,605,900円
1990 (平2)4,384,000円
1989 (平1)4,143,300円
1988 (昭63)3,941,400円
1987 (昭62)3,840,300円
1986 (昭61)3,756,000円
1985 (昭60)3,648,900円
1984 (昭59)3,511,300円
1983 (昭58)3,380,900円
1982 (昭57)3,278,500円
1981 (昭56)3,130,800円
1980 (昭55)2,943,100円
1979 (昭54)2,731,600円
1978 (昭53)2,600,300円
1977 (昭52)2,432,700円
1976 (昭51)2,209,100円
1975 (昭50)2,053,800円
1974 (昭49)1,758,200円
1973 (昭48)1,400,100円
1972 (昭47)1,153,500円
1971 (昭46)1,001,300円
1970 (昭45)871,900円
1969 (昭44)721,700円
1968 (昭43)635,100円
1967 (昭42)531,800円
1966 (昭41)486,500円
1965 (昭40)447,600円

出典:年次統計(https://nenji-toukei.com/)

出典:etf-navi.info/pension-crisis/

1961年から40年払った場合、2001年に年金受給となります。しかし、2001年には受給年齢が見直しが始まった時でもあったようです。2013年までに基礎年金を65歳受給に変更したようです。そのあと、10年くらいかけて厚生年金も65歳受給にしていっています。

初年度あたりの年代の方は、支払い額の20倍程度の額を年金額となっているようです。至近年では、4倍程度とのことです。しかし、1965年あたりと現状の物価は8倍程度違うので、経済成長期では普通のことかもしれませんね。

単純な計算ですが、65歳から現在の平均寿命である80歳くらいを考えると、

受給金額が、15年×78万円/年 =1170万円

支払金額が、40年× 20万円/年 = 800万円

月額でいくと4倍程度ですが、総支払にすると、1.4倍程度しかないみたです。ちなみに、40年積立の場合、年利2%で受給金額となると思われます。この時代で、年利2%の積立をしていると考えると、まあ、いい方かもしれませんね(けど、40年支払いすぐに1170万円入るわけではないので、更に年利は低いですね)。40年あれば、成長分野の海外に投資信託してもいいかもしれませんね。それであれば、2%を超えることは簡単かな?銀行の金利とかが、0.2%とかの時代ですので、それに比べたら、遥かにいいですけどね。

日本は、源泉徴収、年金制度、保険制度など、国や会社がやってくれることが多いです。正直、どれも改めて考えるとすごい制度で、仕事に集中できる環境になっているようです。本来は、個人がしっかり管理すべきことだと、思うことだと思いますね。教育についても、経済に関して教えていくべきかもしれません。日本のよくないことは、お金を稼ぐことや、楽をして稼ぐことが悪いことだと教育されることです。お金をもらうことは、誰かの役にたっていてその対価としてもらっているのであって、誇るべきことです。楽をして稼ぐことは、効率化が図れていて、付加価値を高めているんです。

お金を持ちすぎたりすると、横暴になったりすることがあるので、悪いことだと教えられるのかもしれませんが、そもそも、教育されていなければわかりません。

年金制度の受給年齢が引き上げられることが言われていますが、受給期間が10年となった場合、受給金額が支払い金額を下回ることになります。それだと、破綻だと思いますね。まあ、11年以上受け取ると赤字ではないですね(現在の支払額、銃級額であれば)。支払年数が40年ですので、現在の受給倍率4を維持しようとすれば、おのずと受給年数は、40/4=10年になりますね。平均寿命が85歳になれば、75歳受給開始もありえますね。すくなくとも、20年支払いになるのであれば、受給額を半分程度にしなければならないとおもいますね(年額40万?)。厚生年金も重要ですよ。

今回調べてみて、現在の流れであれば、支払い期間は10年を想定しているように感じます。先日、下記の資料が配布されていますので、読んでみるとおもしろいかもしれませんよ。

金融審議会で配布された資料「事務局説明資料(「高齢社会における資産形成・管理」報告書(案))

65歳以上の収入と34歳以下の年収が変わらなってちょっと不思議だと感じましたし、支出も34歳以下より65歳以上って使っているみたいです。

個人管理が重要になってくる時代ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中