eremote(mini)使ってみました。

あけましておめでとうございます。先日、eremoteを購入しました。eremoteですが、amzonの金額がすごく上がったり下がったりしています。この商品の紹介は公式ホームページからちょっともってきます。

eremote01.png

コメント 2019-01-03 153317.jpg

できることは、以下のとおりです。

1.スマホや声で家電を操作

eRemoteはエアコンやテレビなど赤外線リモコンで操作するタイプの家電を高機能なIoT家電に早変わりさせることができます。スマホとWi-Fi環境さえあれば、家電操作が可能です。
(*音声での操作は、echoなどでできます)

2.外出先から家電を操作

これをやってみたのですが、実際ついているのかがわからないので、この部分が難点ですかね。そのために、eSensorもあるのですが、1万弱するのでちょっと考えものです。

←proの場合は、動作したかがわかるようです。やっぱり、一段階上のものがありますね。

(以下、公式の文面です)

真冬の寒い日や炎天下の暑い日は、帰る前にエアコンをつけて、快適な部屋へ帰りましょう。お留守番のペットや、小さなお子様の為の、温度管理にも◎。また、一人暮らしの女性は暗くなったら帰宅前に部屋の照明をつけたり旅行の間、定期的に自宅の照明をつけたりするなど、防犯対策にもご利用いただけます。←便利に感じますよね。

3.シーンを設定して、ワンタッチで制御

シチュエーションに合わせたシーン設定を登録することができます。例えば、「朝起き」であれば朝の起床時につけたい家電をまとめてONにする。朝暗いと、二度寝してしまう確率も高いですが、明かりがついていると起きてしまうってありませんか?人間は、明かりを受けると体内時計がリセットされて、起きやすくなるみたいです。

4.世界トップクラスのセキュリティ

正直これはどのくらいかはわかりません。
ホームページには、全ての通信を暗号化する上、制御コマンドをスマホ本体とクラウドにのみ保存されます。例え家庭内ネットワークに進入できたとしても、コマンドデータをコピーできないので、勝手な制御はできません。スマホを紛失しても、eRemote本体をリセットすれば初期化されます。クラウドのセキュリティに関しては、世界最高水準の安全性を誇るAmazonのAWSを利用しています。←正直、乗っ取られた時は、家の電気をいくらでも付けて消してできるんですが、eremote自体の電源を切れば終了なので、あまり心配していません。カメラをつけると便利な気もするんですが、画像は家の中の状況・配置を知ることができるので、こっちの方が怖いですね。文字データは知られてもそれなりですが、画像データは怖いです。人間による解析が簡単なので。
eremoteは、このように赤外線リモコンで動作する家電を操作することができて、オートメーションみたいに一括操作すること(シーン機能)も可能な装置です(赤外線が届かない場合は動作させることは無理ですが)。声で操作は別に興味はないのですが、一括操作と外出時に操作できる点に興味をもって購入させていただきました。
ちなみに、以下がeremoteの画面等になります。Screenshot_20190103-144144.png
デバイスを設定していくと、eremote、照明、テレビ、エアコン等が増えていきます。それぞれの機器の操作は、一般的なものであれば元々搭載されているようですが、うちの機器は古いのかリモコンを使って、認識させて設定させました。←昔からある一つのリモコンにいくつかのリモコンを使用できるようにできる設定と一緒です。
ちなみに、eremoteは、無線が2.4GHz帯なので、最初の設定時(eremotteの設定をする時)5GHzで行うとeremoteがみえませんので注意です。
Screenshot_20190103-144156.png
シーン設定ができます。Screenshot_20190103-144345.png
朝起きた時の設定です。
照明つけて、テレビつけて、エアコンをつけるって動作になります。家ではアラームのなる10分くらい前に動作させて、その後にアラームがなるって感じです。2.0秒空けているのは、時限をおいた方が間違いが起きにくいかなと思っているだけで、0秒でもいいのかもしれません。機器の位置によっては赤外線が届かなかったりすると思いますので、2回入れるのもいいのかなとも思っています。
次に、Alexaとの連携です。Alexaと連携することで、時限動作が可能になります。他のIFTTT等でもできるのかもしれませんが、一番身近で簡単なのが、Alexaだと思います。悲しいかな、音声アシスタントはSiriよりAlexa、Googleの方が一般的になってきていると感じます。
Alexaの設定は、以下のとおりです。Screenshot_20190103-144432.png
定型アクションの設定で時限動作が可能です。時間が早いのは最近早いので。
あとは、eremoteと連携すると、シーンを検出(認識)できますので、それを設定するだけです。今回は、朝起きってシーンです。さきほど上で設定したものです。
シーンの検出画面は以下のとおりです。
Screenshot_20190103-144405.png
シーンを選んで、Screenshot_20190103-144413.png
シーンを検出を押すと、1分くらいかかりますが、認識して、追加されます。これを定型アクション設定の画面で、追加できるようになります。
このような感じで、自動動作が可能になります。ちょっとしたことですが、楽になりますよね。これから、IOTって話ですので、ちょっと試してみてはどうですか?センサ関係の会社ってすごいこの先儲かりそうだな。いいな。余談ですが、この前、雑誌で、これらのセンサって電池が必要でこれらをすべて取り替えることはほぼ不可能なので、自分?自然に起こる?振動でエネルギーを作って動作する機能を開発している人もいるようです。すべての機器にセンサってある意味面白いですよね。箇所、箇所で動かすことができるので、いろんな発展ができますね。
今年、初記事でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中