ワクチンと治療薬とは?

コロナウィルスが国内で猛威を奮ってから1年位たち、第3波が来ています。全国では7,000人超の感染があり、年末年始から広がっています。これに伴い、非常事態宣言が発出されました。第1波ではどのようなものかわからず、ステイホームが進んでいましたが、コロナウィルスの危険性がわかって来たことから、外出する人も第1波に比べて、多いようです。

ステイホームでは、動画を見ることも多くなり、この中で「アウト・ブレイク」を見ました。この映画、昨年の1月に放映されており、コロナを予言したとも言われているようです。

海外ドラマ『アウトブレイク ―感染拡大―』公式サイト|7月3日(金)〜緊急配信決定! (transformer.co.jp)

この映画の行動等は今のコロナ対策と同じであるし、非難等も同じように発生します。

と、映画の紹介はここまでにして、ワクチンと治療薬についてです。

結果は、ワクチンは予防薬であって、治療薬とは違うようです。ですので、発症してから、ワクチンは効果が薄いのだと思います。

ワクチン接種をすすめるため、全国1万箇所に拠点を作るようですが、感染拡大する前に手配することが重要ですね。1万カ所拠点にワクチン接種へ – Yahoo!ニュース

ワクチンの種類には、生と不活性等があるようです。

生は、ウィルスそのままで病原性を弱めたもの。

不活性は、ウィルスの病原性をなくしたもの。

生と不活性の違いは、その効果が発生するまでが異なり、不活性の場合、数回接種しないといけないようです。

ワクチンってな~に? | よ~くわかる予防接種 | ワクチンについて | 一般社団法人日本ワクチン産業協会 (wakutin.or.jp)

ファイザー社が製造したワクチンは、RNAなのかな?

RNAはウィルスのDNAを人工的に作ったものみたいです。なので、製造期間も少なくて住む。(培養する期間がすくない?)

対象とするウィルスとDNAの型が異なってくれば、効果がなくなるのかしれませんね。

ちなみに、治療薬としては、「レムデシビル」等がそのようです。

治療薬はウィルスの増殖を防ぐのかな?

ワクチンと治療薬、予防対応と事後対応、どちらを優先すべきなのか?

人体とは不思議ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中